HOME>特集>服は自分で作る時代【オリジナルTシャツは簡単にできる】

服は自分で作る時代【オリジナルTシャツは簡単にできる】

洋服

既存の無地Tシャツを使って作れる

一般的にオリジナルTシャツとは多くの業者に依頼しなければならないと考えられていますが、実はまったく違います。多数の業者に依頼しなくても、自分自身で市販されている無地Tシャツを使って作れるため、気に入ったアイテムを使ってオリジナリティを出せるでしょう。一般的に有名な自作方法としては、アイロンプリントを使う方法で、手芸店をはじめ多数の店で販売しています。また、シルクスクリーンと呼ばれる方法で、自分自身のイラストやデザインを形にする方法もある為、どちらがいいのか確認しましょう。自分らしいデザインの物を作りたいけれど、シルクスクリーンは難しい場合には、サンラバーという方法もあります。どの方法がよいのかはライフスタイルや器用さ、好みに合わせて大きく変わるため、事前にデザインを参考にしてください。

レディ

デザインは業者に頼むことも可能

自作で作ることに対して抵抗を持つ方や、自信がない方の場合、専門の業者に依頼する事も可能となっています。印刷業者ならではの色鮮やかで独自のデザインのオリジナルTシャツを作り上げることができるため、利用しやすいのが特徴といえるでしょう。業者の中には小ロットといわれる少ない枚数で依頼することが可能なところも少なくないため、個人で作る事が可能です。利用するポイントや印刷方法、単価を確認することで相性のよい業者とめぐり合えるといわれている為、参考にしてください。インターネット上で打ち合わせやデザインのデータをやり取りするだけで、業者が印刷してオリジナルTシャツを届けてくれます。このため、印刷業者に直接会うことは不要といえるため、コストを抑えて利用することが可能となっています。